1. 仙台 焼肉 「伊達哉」>
  2. 伊達の意気

当店気概 伊達の意気 〝あたり前〟を打ち破り、驚きある喜びを皆様へ――

黄金の日輪あしらった、濃き紫の旗のぼり。
朱塗りの太刀を腰に佩き、たばさむ脇差し、銀の箔。
漆黒の甲冑を身にまとい、
頂く兜の前立ては、目にもまばゆい黄金半月…。
京の都をおどろかせ、「さすが伊達者」と賞された
政宗公参陣行列の姿です。

かつて政宗公が示された
〝当たり前〟を打ち破り、
新しい魅力を生み出す「伊達の意気」。
「伊達哉」はこうした「伊達の意気」と
「今までにない焼き肉を楽しんでほしい」という
代表・齋藤達哉の思いから誕生しました。

当たり前のものではなく、常に新しいものを。
「伊達哉」では厳選黒毛和牛独自ブランド極仙台牛「伊達の黒」をはじめ、
名代「花咲きトロ牛タン」や「伊達の昇り龍」など
「伊達哉」発祥の新たな仙台名物と
今までにない新しい焼き肉のスタイルを
全国に向けて発信して参ります。

黒毛和牛一頭切り 伊達哉 三つのこだわり 「伊達哉」は次の三点にこだわり、皆様に驚きある美味をご提供してまります。

一、地産地消へのこだわり

宮城や仙台の名物といえば牛タンや寿司といったところ。しかし、料理としての名物はあっても、「宮城の食材を存分に味わえるお店」はなかなかありませんでした。
そこで「伊達哉」では、「宮城を味わうなら伊達哉」と自信を持って言っていただけるよう、あらゆる点で宮城の県内産食材にこだわって参ります。肉、魚介、野菜、調味料、その他あらゆる食材を通して、「伊達哉」はふるさと宮城と向き合って参ります。

一、肉へのこだわり

「伊達哉」では本当に美味しい肉だけを吟味してご提供しています。伊達哉が求めるのは、赤身とサシのバランスがよく、食した際に思わず「おいしい」という言葉がこぼれるようなお肉です。
赤身が勝ちすぎていてもいけません。脂が強すぎても「おいしい」と感じていただけないかもしれません。だから「伊達哉」ではブランドや各付だけで肉を選ぶようなことはいたしません。枝肉一頭分ごとの肉質をしっかりと検分し、自信をもって皆様にお出しできるものだけをご提供しています。

一、饗し方のこだわり

「伊達哉」では原則として肉やホルモンをタレにつけ込むことはありません。最も大切にしている肉本来の味が損なわれてしまうからです。「伊達哉」では肉の味を際立たせる「藻塩」や「伊達の旨塩」、県内産食材を用いた特製のタレなどをご用意。皆様に驚きある新しいおいしさをご提案しております。
それぞれの肉にあった召し上がり方は、スタッフが都度ご提案いたします。ぜひ一度「伊達哉流」をご体験ください。

ページTOPへ