1. 仙台 焼肉 「伊達哉」>
  2. 極仙台牛「伊達の黒」

[厳選黒毛和牛独自ブランド] 極仙台牛「伊達の黒」 極仙台牛「伊達の黒」は「伊達哉」の独自ブランド。厳選した黒毛和牛のなかから特に赤身とサシのバランスが究極に優れたものを認定し、皆様に自信をもってご提供しております。

仙台牛を求められる全ての皆様のために

私たちが歩むべき道。それは宮城、そして仙台を愛する道。
愛するふる郷を全国へ、全世界へと発信し、皆様の喜びと笑顔を育むこと。それが私たちの使命――。

この思いを胸に、伊達哉は皆様に新しい喜びをご提供してまいります。「仙台牛」これが、伊達哉七年目の決断。

登録農家がそれぞれの牛の個性を見極め、丹精込めて育む黒毛和牛。そのなかでも特に肉質に優れたA5〜B5ランクの肉だけに与えられる称号、「仙台牛」。
伊達哉ではその「仙台牛」に対し、さらに厳しい独自基準を設定。「仙台牛」の頂点ともいうべきA5ランクの肉のなかから、さらに肉質、サシ、ともに極まった「至高の肉」だけを皆様にご提供してまいります。

これぞ、極仙台牛『伊達の黒』

もはや「仙台牛」ブランドを超えるその肉質、そして味は伊達哉が七年の月日を費やして辿り着いた、ひとつの「結論」。
我ら伊達哉、この味をもって新たな境地を切り拓かん。
他の店には決して出回らない旨さの極み、存分にご賞味を。

極仙台牛「伊達の黒」の肥育環境

清潔な飼育環境

人間が気持ちの良い環境は、牛だって気持ちがいいもの。
ストレスの少ない衛生的な環境で、一頭ごとの個性を見極めながら大切に肥育します。

飼料には県内産稲わらを使用

与える稲わらはすべて県内産。人が食べて美味しい「ヒトメボレ」「ササニシキ」に限定した健康な稲わらを厳選して与えて肥育します。

通常よりも4ヶ月長い肥育期間

仙台牛の飼育期間が一般的に28ヶ月程度。これに対し極仙台牛「伊達の黒」は32ヶ月間。肉質が最高に充実するその瞬間までじっくりと育て上げます。

ご提供方法のこだわり

一頭切り落としだから希少部位も十分にご提供

「伊達哉」では肉の部分仕入れはいたしません。仕入れるときは一頭丸ごと仕入れています。「伊達哉」では職人が枝肉(一頭丸ままの状態でつるしてある肉)を検分し、極仙台牛「伊達の黒」としての基準を満たした肉だけを都度仕入れます。

その価格は自動車が一台買えるほど。こうすることで、十分に成熟した極仙台牛「伊達の黒」の希少部位(約20種)も、存分にご提供できるようになりました。これも一頭切り落としを旨にする「伊達哉」ならではの魅力です。

熟成を経た肉だけを皆様へ

牛肉ならではの特長です。「伊達哉」ではこの熟成にこだわりをもっているのです。

仕分けされた部位事に切り分けられた極仙台牛「伊達の黒」は、肉にとっていごこちのいい熟成庫で、ひとときの眠りにつきます。徹底した温湿管理・衛生管理のもと、極仙台牛「伊達の黒」はじっくりと旨みを増していくのです。

皆様にご提供するのは、ちょうど熟成がかった頃。全体に極上の旨みが乗ったものだけをご提供いたします。「伊達哉」のこだわりが育む肉。焼き上げる前に、肉そのものの表情もぜひご覧ください。

オーダーごとに「切り立て」を皆様へ

「伊達哉」では肉を切り分けて保存するようなことはありません。皆様からのご注文を受けてから、肉を包むサラシを開き、職人が一枚ずつお切りいたします。

切り分ける際には皆様のご様子を伺い、お召し上がり頂きやすいよう包丁の入れ方を変えることも。

「伊達哉」こだわりの肉を、どこまでも存分にお楽しみ頂くために。「伊達哉」は肉への小さな心遣いも忘れません。

ページTOPへ